会社組織診断の必要性

PC操作

組織サーベイとは、会社が組織として健全な環境で運営されているかを診断します。組織サーベイは企業が抱える人材不足の問題や経営上の問題点を明らかにします。実施には専門の調査会社に依頼するのがよいでしょう。

詳しく見る

企画を提案する力を育てる

講義

新商品などのアイデアを考えるのは上手くても、プレゼンテーションが下手なせいで活躍できないという社員はとても多いです。そんな社員を救うためにも新入社員研修を活用して、プレゼンテーションの能力を高めてみてください。

詳しく見る

実践的な知識の導入

男女

英語での接客を研修する際は、ネイティブによる発音と各国でネガティブな意味を持つジェスチャーを教育しましょう。できるだけ実際の接客に違い英語を耳で覚ええてもらうこと、そして誤解を招かないジェスチャーで外国人顧客の増加を図ることができます。

詳しく見る

組織調査の目的

会社

会社が業績を伸ばしていくためには、顧客満足度の向上が重要です。一方で、その会社を支える社員が満足して仕事に取り組んでくれれば、さらなる顧客満足の向上が期待できます。社員の満足度を測るために、組織サーベイが行われます。

詳しく見る

より良い人材を育てるため

講師

新入社員研修は、新しく入社した社員に行われるものです。社会人としての基本的マナー研修と、会社に必要な専門的知識やスキルの研修の2パターンに分けられることが一般的です。より良い人材を育てるために、どちらも大切な研修と言えます。

詳しく見る

グローバル時代のマナー

女性

英会話力の向上

グローバル化が急速に進展しており、企業も海外に進出したり、あるいは外国人社員が増えたりしています。このため、英語を使って接客したり、交渉を行ったりすることが必要となり、社員に対しても英語力が求められています。中には、日本の企業で会っても、英語を社内公用語にした会社も出てきています。新卒社員に関しては、英語で接客ができるものとして、TOEICスコアが高い者を採用することで対応できます。しかし、接客に十分な英語力を有している新卒者のみを採用することは難しいですし、現に働いている社員の英語力を向上させることも必要です。そこで、英語による接客を可能とする研修を実施することが必要となります。具体的には、電話応対や電子メールを英語でできるように、その基本を習得します。メールの場合は文章であるだけに、回答するまでに時間的な猶予がありますが、電話応対はその場でとっさに対応することも求められます。このため、ロールプレイ形式で実践力的なスキルを身につけることができるようにします。また、挨拶や自己紹介、ちょっとした会話もできることも必要です。さらに、プレゼンテーションができるように、スライドや原稿を作成するにあたっても、必要なスキルを身につけることが必要です。また、プレゼンテーション発表のスキルや効果的な表現とともに、質疑応答に応じるための語学力を身につけることも必要です。日本と他国の文化の違いによるマナーの違いなどにも気をつける必要があります。

Copyright© 2018 接客の為に英語研修を実施しよう【社員を育成】 All Rights Reserved.